Sitetitle

マンション購入時の「手付け金」とは?

気に入った中古マンションを見つけ購入が決まったら購入の申し込みをします。「手付け金」とは売買契約時に買主から売主へ支払われるお金のことです。新築マンションを購入する時に支払うことが多い「申込み証拠金」と混同されがちですが、この二つの支払いは意味合いが違います。

「申込み証拠金」は買主の購入する意思表示として、預けるという体で支払われます。したがって、申込みをなんらかの理由で取りやめる場合は、売主はこの申込み証拠金を返還する必要があります。しかし、「手付け金」は売買契約が成立することを前提とし、売主に支払われる性質のものです。中古物件購入時の手付け金の額はだいたい売買額の10%程度です。中にはこれ以上の支払いを求められることもありますが多くても売買額の20%以下となっています。

正確に言うと、手付け金は売買額の一部となる内金とはまた違うので、売買代金を支払う時は手付け金を売主が一旦買主に戻して、改めて買主より支払われるという流れになります。しかし、こういった手続きはややこしくなることから、実際の取引はこの手付け金を売買代金の一部に充当することになります。取り交わす契約書にはその旨が記載されているはずです。なお、手付け金を支払い相手が契約の遂行に動き始めたら、通常はこれを解除することができません。マンション購入に支払われるお金はこのようにいろいろな性質のものがありますので、ひとつひとつの意味を理解しながら支払っていきましょう。