Sitetitle

「契約収入印紙税」などの諸費用について

まず、「契約印紙税」について。契約印紙税はローンを契約する時に支払うお金で金額は物件の売買額によって一定の決まりがあります。多くの場合が2万円以下になるでしょう。この代金は国に払う税金になります。契約印紙を支払ったら売買契約書や建物の建築請負契約書、領収書や金銭消費貸借契約書などに収入印紙を貼付する形で納税します。収入印紙には消印が必要です。

続いて「仲介手数料」について。こちらは賃貸物件を契約する時にも支払うケースが多いので既に聞きなれた名前かもしれません。こちらは物件代金決済時に同時に支払います。仲介手数料は不動産会社へ支払うお金になります。仲介中古マンションを購入する際の仲介手数料の目安は(消費税を除いた物件価格)×3%+(消費税)となります。消費税は年々上昇傾向にあるので、早めの行動によって数十万円もの得をすることもできます。

他にも「住宅総合保険の保険料(火災保険)」の支払いがあります。マンションを購入したらマンションの住人全員のものとなる共有部と、自分の家となる専有部があり扱いが別になることを知っておきましょう。これら以外にも諸費用には「登記費用」「消費税」「不動産取得税」などが含まれます。たくさんの支払い項目がありますので、事前に下調べしておくことおすすめします。また、資金計画はそれらも含めて考えることが必要です。無理のないように資金計画を立てられるよう、どの点にどれだけの費用がかかるかをしっかりと把握しておきましょう。