Sitetitle

住宅ローン控除について

住宅ローン控除とは正式には「住宅借入金等特別控除」と良います。新築・中古のマンションや一戸建てを住宅ローンを利用して購入した場合、その年の12月末時点の住宅ローン残高の1%分、その年払った所得税の還付を受けられたり、翌年支払う住民税額が減ったりする制度です。物件の購入だけではなくリフォームをした場合にも一定の条件を満たせば住宅ローン控除の対象になります。しかし、住宅ローンで購入したからといってすべての物件で適用されるわけではありません。適用には一定の条件が必要です。中古マンションの場合はどのような住宅ローン控除が対象になるのでしょうか。

中古マンション購入の場合、主に次のような条件が必要になります。取得日から6ヵ月以内に入居し、適用を受ける年の12月31日まで住んでいること。合計所得金額が3, 000万円以下であること。ローンの返済期間が10年以上であること。登記簿に記載されている床面積が50平方メートル以上であること。床面積の2分の1以上が居住用であること。ここまでは新築の場合と共通の条件となります。これらに加えて中古マンションの場合には、さらに条件があります。

耐火建築物は取得の時点で築25年以内。耐火建築物以外は取得の時点で築20年以内。または一定の耐震基準をクリアしていること。生計を一つにする親族などからの購入ではないこと。贈与された家ではないこと。これらも中古マンションの場合は必要な条件となってきます。その他詳細やリフォームにかかる適用条件などは、国税庁のHPを確認したり、最寄の税務署へ問い合わせるなどしてみましょう。住宅ローン控除は最長10年間適用されます。控除される金額も大きいと思いますので、活用できると良いのではないでしょうか。