Sitetitle

住宅ローンの金利タイプを知る

住宅ローンの金利タイプは、「全期間固定型」、「変動型」、「固定期間選択型」の3つに大きく分けられます。順番にみてみましょう。まず「全期間固定型」です。金利条件は比較的高めですが、返済期間を通して一定の金利になります。長期的な見通しが立てやすい金利タイプだと言えるでしょう。現在の収入が安定しており、今後も大きくライフスタイルの変化がないという方に向いています。最長35年間の返済期間、固定した金利で進む「フラット35」が代表的です。

続いて「変動型」です。こちらは比較的低い金利からスタートでき、一定期間ごとにプランを見直していくタイプです。金利は半年ごとに見直し、返済額は5年ごとに見直されるのが一般的です。低金利が魅力ですが、見直し時に金利や返済額が上がるリスクも常に存在します。返済額が上がった場合でも、将来収入も上がりそれをカバーできる可能性のある方や、将来家計の支出が減り、その分を返済にあてられる可能性のある方に向いています。

最後に「固定期間選択型」です。こちらは、2年、5年、10年、20年などの範囲で金利固定期間を選び、その間は金利も返済額も変わらず、期間終了のつど見直しが行われるタイプです。金利は固定期間ごとに異なり、固定期間が短いほど金利が低く、長いほど高くなります。金利が低い短期間固定からはじめ、収入の増加に合わせ、だんだん安定性のある長期間固定に切り替えていきたい方などに向いています。住宅ローンを計画的に、早く返済できればその後不動産投資なども行いやすくなります。3つのタイプから、ご自身に合った住宅ローンタイプを選びましょう。